50代の化粧品|厚化粧のクレンジングは肌へのダメージです

敏感な肌の対策術

スキンケア

敏感肌の人はファンデーションとクレンジング選びが重要です。ミネラルファンデーションであれば洗顔石鹸で落とせます。枠練りの無添加石鹸を使用すれば、敏感肌の人でもダメージが皮膚へのダメージが少なく、ターンオーバーを整えられます。またミルクタイプのクレンジングやオリーブオイルも正しく使用すれば効果的です。

More...

実は人気の化粧品

化粧水を使う女性

アトピーの人は乾燥と敏感肌の両方が考えられるので、かなりの低刺激の化粧水を使うことになるでしょう。アトピーでない人もそういうものを選ぶ傾向が高まっています。また、低刺激でも内容成分を確かめて肌に合うものを選びましょう。

More...

洗顔せっけんの種類

石鹸

洗顔石鹸は製造方法で選ぶのがおすすめです。機械練り(中和法)と枠練り(鹸化法)がありますが、後者のものの方が、使い心地が良くて洗浄力が高いのです。前者は石鹸素地98%以上となり、洗浄力が高くても、保湿力が低い石鹸となります。

More...

乾燥する肌対策

化粧水

乾燥肌への取り組み

乾燥肌の対策を考えるのならば、日常のクレンジングのやり方について配慮しなければなりません。乾燥肌の人がクレンジングをすると、余計に肌が乾燥してヒリヒリしてしまうものです。乾燥肌は、肌の保湿能力が著しく低下している状態ですから、その状態で洗浄力の高いクレンジング液などを使用すると、乾燥肌を悪化させてしまうのです。乾燥肌の状態で一番良くないのは、刺激と摩擦です。ますは合成界面活性剤を使用した洗顔料の使用をストップしましょう。そして洗い方にも注意が必要です。基本的にゴシゴシと顔をこするのを止めます。そして部位ごとに洗い方に変化をつけるのです。Tゾーンは円を描くように優しく、Uゾーンは皮脂が少ないので泡を乗せて撫でるだけ、目や口は泡を乗せるだけ、など必要な変化をつけます。

おすすめの洗顔料

乾燥肌の人は、クレンジングをしなくても良いように、薄化粧を心がけましょう。50代ともなれば隠したい部分も多くなりついつい化粧も濃くなりがちですが、それは肌にとっても負担です。また50代の厚化粧は落とすのも大変でクレンジングによって、たくさんダメージを与えてしまいます。薄化粧であれば、合成界面活性剤不使用の、枠練り洗顔石鹸でも十分に落ちます。枠練り洗顔石鹸は、化学添加物がほとんど入っていない、もしくは完全無添加で作られています。そして自然熟成されているため、グリセリンやビタミンなどの美容成分が石鹸素地の中に残っているのです。そのため石鹸素地の純度が60%程度と低く、洗浄力がマイルドなかわりに、保湿力が高いのです。乾燥肌の人は、なによりも保湿を必要としているため、枠練り洗顔石鹸を使用しましょう。そして化学添加物など完全無添加の化粧品を使用しましょう。そうすることで、肌のターンオーバーを整えることが出来ます。気になる部分にのみ美容液などの化粧品をつけることをおすすめします。